ムコ多糖類をご存知でしょうか。実は肌に良いとされているヒアルロン酸は、このムコ多糖類の1種なのです。ムコという言葉が指す意味は、組織などを覆っている粘性のある物質で、その組織を保護するために存在しています。この物質は粘性があると言われるように、ヌルヌルと粘り気のあるものです。例えば肌で例えると、肌の細胞と細胞の間に存在する物質の1部にヒアルロン酸は含まれます。なぜ、肌と肌の間にこの物質が存在しているのかという疑問を持つ方もいるでしょう。

肌を触るこれは、ヒアルロン酸が肌に良いと言われる理由の1つになります。ヒアルロン酸が細胞の隙間に存在している理由は、肌に必要な水分を保持するためです。肌から水分が抜けきってしまうとどうなるでしょうか。答えはカサカサの乾燥肌になってしまします。したがって、細胞の隙間に存在しているヒアルロン酸は肌に水分を保つためにも欠かせない物質であると言えるでしょう。また、成人の体の約60パーセントが水分であることからも体説であることが分かります。ここで、ヒアルロン酸にはどれくらいの水分を保持する力があるのか紹介します。あまりヒアルロン酸を1グラムで考えたことのない方もいると予想されますが、1グラムで6リットルくらいの保水力があるのです。したがって、肌にうるおいを保ちたいのであれば、サプリメントなどを通して摂取してみるのも良いでしょう。

ヒアルロン酸の分子